企業の社会的責任

20 世紀は IT 市場の急速な成長と関連技術の普及が進み、それぞれが革新を推進するための少なからぬ力になりました。
 
産業の成長は国の経済の重要な部分であり、天然資源は使用の増加に伴って地域の資産だけでなく国家の資産にも影響を及ぼしています。このため、環境団体や人道団体は、環境、倫理、社会的責任を果たし、天然資源への影響を減らすことを多国籍企業に訴えてきました。
 
企業倫理は、組織、専門家、機関、社会のプロセス開発の背後にある経営理念であり、Acer を含む多国籍企業が 21 世紀に直面している主要な課題です。これは、経営陣が経済的目標と社会的目標の両方を達成するための指針となる原則と価値の組み合わせです。倫理的な企業は、経済的、法的、道徳的な社会的責任を完全に引き受ける必要があることを認識しています。
 
この経営理念の 1 つが企業の社会的責任(CSR)プログラムであり、これを通じて企業は人間、環境、コミュニティの資源を統合したグローバルバランスを実現することを目指します。
 
CSR は、21 世紀に事業を展開するための課題であり、そのライセンスでもあります。これは世界をリードする PC ブランドである Acer の統合 CSR 戦略の基盤となっています。2006 年以降、Acer は持続可能な開発のための行動を包括的かつ徹底的に見直してきました。Acer は、CSR を事業活動に統合し、積極的に参加することで、CSR への取り組みと決意を示しています。また、世界の持続可能な発展に継続的に貢献しています。
 
Acer の企業 CSR プログラムの詳細については、 Acer グループの CSR Web サイトをご覧ください。