PREDATOR ORION 5000

真のパワー

Orion 5000 の RGB カラーシェルの中に、スピードフリークのための Intel® Z3901 チップセットと、限界を知らない第 9 世代 Intel® Core™ i9-9900K プロセッサー1が潜んでいます。NVIDIA® GeForce RTX™ 20801 との組み合わせが、高みを極めます。

象徴的な PREDATOR ケース

すべての Orion デスクトップは、シャープなアングルと硬質なブラックメタルの Predator スタイルをまとっています。内部を窺わせるシースルーのサイドパネルは簡単に取り外すことができ、内部および外部からの電磁波を軽減する EMI に準拠しています。

DIY ケース

EMI シールド

EasySwap 対応ドライブベイ3

すべての色

自分のスタイルやお気に入りのゲームに合わせてパターンを選べます。強度を増したケースのライトバーとケースファンは、1670 万色フルカラーに対応しています。オーディオエンジニアとライティング愛好家に朗報です。ミュージックモードで腕前を披露しましょう。

フロントライトバー

RGB ケースファン

ミュージックモード

挑戦を待つ

デュアルチャンネル DDR4 構成(最大 64GB)と豊富な高速ストレージオプションをサポートする Intel® Z3901 チップセットが、パワフルなシステムの可能性を垣間見せます。第 9 世代の Intel® Core™ i9-9900K プロセッサー1 と GeForce RTX™ 20801 の組み合わせは、トップクラスの世界しか知りません。

第 9 世代 Intel®

Core™ i9

オクタコア CPU1

オペレーションシステム

Windows 10 Home

GeForce

RTX™ 2080

8GB GDDR61

RAM + SSD

64GB + 512GB/3TB

DDR4-2666 / SSD + HDD1

NVIDIA RTX™ テクノロジー

GeForce RTX™ グラフィックスカードには、Turing GPU アーキテクチャと、刷新された RTX プラットフォームが採用されています。前世代のグラフィックカードと比較してパフォーマンスは最大 6 倍になり、リアルタイムレイ トレーシングと AI のパワーをゲームに活用できるようになりました。

レイ トレーシング

ゲームがさらにリアルになります。レイ トレーシングは、現実の光の動きをシミュレーションする技術です。最高クラスの美麗グラフィックを誇るゲームにも、リアルタイムで映画のようなクオリティのレンダリングを実現します。

NVIDIA TURING™

革新的な NVIDIA Turing™ アーキテクチャとリアルタイムレイトレーシング、AI、プログラム可能なシェーディング。そのすべてが、ゲーミングを新たな次元へと進化させます。

GEFORCE EXPERIENCE™

動画、スクリーンショット、ライブ配信をキャプチャして、友達と共有できます。ドライバを常に最新の状態に保ち、ゲームの設定を最適化します。このすべてが、GeForce Experience で可能になります。

究極の冷却性能

Orion に搭載された高性能プロセッサーを、AIO(オールインワン)Cooler Master® CPU 水冷クーラー1がしっかりと冷却します。効果的に配置された取り込み口および排気ケースファンと被覆 PSU により、高パフォーマンスのシステムが実現しました。

デュアルインテーク

被覆 PSU

PSU ダストフィルター

SOUND BLASTERX® 720°

迫力のサウンドを生み出す、Sound BlasterX® の Pro Gaming オーディオエンジン。素晴らしいサウンドを体感してください!

敵の弱点を探し出せ

スカウトモードは特定のサウンドを強調して、見えない敵の音を聞き分けるのに役立ちます。これで敵のわずかな動きにも反応できます。

オーディオ調整機能

部屋の音響特性に対応した自動ルームキャリブレーション。スピーカーを調整して、部屋に合ったサウンドを生み出します。

達人の響き

プロゲーマーの協力を得て、音響エンジニアがチューニングしたオーディオプロファイル。カスタマイズも可能で、自分好みのオリジナルなサウンド環境を作れます。

低遅延で勝利を掴む

e スポーツに参加する、LAN パーティーに行く、地域のトーナメントで競うなど、どんな場面でも、2.5Gbps のイーサネット1で常に対戦者に先手を打つことができます。

1 つのアプリですべてをコントロール

ホームメニュー

オーバークロック

ファンコントロール

モニタリング

ライティング

1 - モデルや地域によって仕様が異なる場合があります。すべてのモデルについて取扱状況は異なります。
2 - EasySwap ドライブを挿入または取り出す前にデバイスの電源を入れる必要があります。