- 製品情報 - サポート情報 - 広報関連
Predator League 2019 タイ・バンコク閉幕 閉会式で「Predator League 2020をフィリピンで開催」を発表
TOKYO, JAPAN (2019-02-20)

タイ・バンコク ニミブットスタジアムで2019/2/15-17の3日間にわたり開催された「Predator League 2019」 。アジアパシフィック地域から参加した3,530チームのトップ26チームがPUBGとDOTA2の2タイトルを争い、10,000人以上のファンが現地で熱戦を観覧。430万以上の視聴回数、ピーク時には6万以上の同時接続をマークしました。

閉会式では、Predator League 2020をフィリピンで開催することが発表され、Acer アジア太平洋地域担当プレジデントのアンドリュー・ホウは「特にパン・アジア・パシフィック地域において、AcerはハードウェアだけでなくeSportsエコシステムと産業を通じて若い才能に活躍の場を提供したい。Predator League 2019にご参加いただいた選手がeSportsコミュニティの一員として素晴らしいパフォーマンスを続けられることを祈っています。そして、2020年にフィリピンでまた会えることを楽しみにしています」とコメントしました。

Predator League 2019の優勝者は以下の通り

PUBG

チャンピオン
AfreecaFreecs Fatal(韓国)
賞金 $75,000 と副賞としてチームメンバー全員にゲーミングノートPC「Predator Helios」を進呈

準優勝
Purple Mood Esport(タイ)
賞金 $30,000 を進呈

3位
Team Immunity(オーストラリア)
賞金 $15,000 を進呈

日本代表として参加した「SunSister Suicider’s」はドン勝を2回取り、5位入賞しました。

DOTA2

チャンピオン
TNC Predator(フィリピン)
賞金 $75,000 と副賞としてチームメンバー全員にゲーミングノートPC「Predator Helios」を進呈

準優勝
BOOM ID(インドネシア)
賞金 $30,000 を進呈

3位
GeekFam(マレーシア)
賞金 $15,000 を進呈

Predator League 2019 公式サイト

※ ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。