- 製品情報 - サポート情報 - 広報関連
堅牢性の優れた11.6型ChromebookにCeleronモデル「C740-H14N」を追加 ビジネス・教育現場に向け3月9日(木)より発売
TOKYO JAPAN (2017-03-08)

リリース概要

  • 従来モデルから大幅に堅牢性が向上し、ビジネスはもちろん、教育現場にも最適
  • 安心の約9時間のバッテリー駆動時間
  • バランスに優れたインテル Celeron プロセッサー
  • 読み書きの高速な32GB SSD搭載、IEEE802.11a/b/g/n/acの高速無線LANに対応
日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、Acer Chromebookのラインアップにインテル Celeron プロセッサーを搭載し、堅牢性に優れた11.6型「C740-H14N」を加え、法人および文教市場に向けに3月9日(木)より発売いたします。


シリーズ 型番 JANコード 想定売価 発売予定日
Chromebook 11
(クロームブック 11)
C740-H14N 4515777586986 オープン 2017年3月9日(木)


ビジネスにも教育現場にもうれしい高い堅牢性

構造の強化・改善を随所に施しました。本体天面カバーの厚みを上げ、最大60kgの荷重に耐える構造を実現。また、リブを追加し、ヒンジブラケットの長さを96%拡大、本体カバーの強度が飛躍的に向上しました。
さらに、落下の衝撃から内部システムを保護するため、筐体の角の強度を従来より60%改善し、ビジネスはもちろん、教育現場でも安心して使用できる堅牢性を実現しました。
※Acer Chromebook C720との比較

安心の約9時間のバッテリー駆動時間

外出先はもちろん、教育現場での使用に適した約9時間のロングバッテリーライフを実現しました。

インテル Celeron プロセッサー搭載

バランスに優れたインテル Celeron プロセッサー搭載モデルの登場により、Acer Chromebookシリーズのラインナップがさらに拡充。

32GB SSD搭載、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応

伝送速度の高いSSDを搭載し、データの読み込み/書き込みの待ち時間のストレスを最小限に抑えます。さらに高速無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/acに対応し、高速通信も可能です。

HDMI外部出力端子によるデュアルディスプレイ表示に対応

HDMI外部出力端子を装備しているので、他のディスプレイを接続して表示画面を拡張したり複製でき、広大なデスクトップでの作業が可能です。

USB3.0、USB2.0端子装備

SDカードリーダー装備

Bluetooth4.0準拠


Chromebookとは

Googleが開発したクラウドベースのオペレーティングシステムChrome OSの動作するノートブックです。従来のPCのようにソフトウェアを本体にインストールするのではなく、Webブラウザ上で動くアプリを利用し、作成したデータはクラウド上に保存することでデータ消失・漏えいを防ぎます。企業のBCP対策としても有効です。また、起動するたびにシステムをセルフチェックし、OSを常に最新の状態に保つだけでなく、異常を検出した場合はバックアップ機能によって復元する高度なマルチセキュリティを標準搭載しています。





※ ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。