- 製品情報 - サポート情報 - 広報関連
「俺、パソコン使えます!」 FC東京 U-18選手向けPC勉強会開催レポート
TOKYO, JAPAN (2016-10-19)

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、2016年10月15日(土)に、同社が協賛するサッカークラブチームFC東京に所属するU-18選手に向けて、PC勉強会をFC東京 小平グランド ミーティングルームにて開催致しました。


今回の勉強会では、「若者のPC離れ」が社会問題化する中、日本エイサーとして一人でも多くの若年層にパソコンに興味を持ってほしい、リテラシーを高めたい、「俺、PC使えます!」と言えることが若者の今後の人生にプラスになるという想いで開催いたしました。
当日は約30名のU-18選手が参加し、プレゼンターの日本エイサー プロダクトセールス&マーケティングDivの安藤康夫より、PCスキルの必要性について、実践を織り交ぜながら選手に講演いたしました。


登壇したITライターの甲斐寿憲様からは、「若者のPC離れの原因の一つはスマホの普及である。しかし皆さんが今後サッカーをしていく上でもPCを使わざるを得ない状況は必ず出てくる。今すぐPCを買えということではなく、まずはこの機会にPCに興味をもってもらい、触ってもらうことから始めてほしい。使いだすと面白いし、色々な可能性が広がる。そして知ることは楽しい。」とPCを使うことの魅力をお話いただきました。


過去にFC東京で選手として活躍し、現在東京フットボールクラブの強化部・スカウト部に所属する浅利悟様は「PCは選手を引退してから覚えたが、タイピングやエクセルは社会人になる前にある程度習得しておけばよかったと思う」と、選手に向けてPC活用のアドバイスをいただきました。


勉強会の後半は実際にPCを使い、FC東京の公式ホームページから自分の顔写真を探すことや、監督の生年月日を調べるといったワークショップを行いました。最初はおよび腰だった選手たちも、時間がたつにつれPCに笑顔で触れる事ができるようになりました。


参加した選手からは「検索は戸惑うことはなかったが、スマホを使うことが多いのでタイピングは慣れていなかった。」「今後社会に出る上でPCは使えた方が便利なので、エクセルやタイピングを上手く使えるようになって、“俺、パソコン使えます!”という感じで世の中に出ていきたい。」とコメントいただきました。



勉強会の様子



社会人としてのPCスキルの必要性を語る浅利悟様



体験会の様子



体験会の様子


■開催概要

名称:日本エイサープレゼンツ「FC東京 U-18選手向けPC勉強会」
日時:2016年10月15日(土)17:00~18:00
会場 :FC東京 小平グランド ミーティングルーム 
登壇者:
・日本エイサー株式会社 プロダクトセールス&マーケティングDiv 安藤 康夫
・フリーライター 甲斐 寿憲様
・FC東京強化部・スカウト部 浅利 悟様





※ ニュースリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。